太陽光発電に向いて
いる屋根

理想は南向き30度

太陽光発電に向いている屋根と言うのは、南に向いている事、
傾斜角度が30度であることなどと言われています。

これはあくまでも理想であって、最初からこのような住宅を作れば良いわけですが、
既存の住宅でも太陽光発電設備を設置して発電を可能にしてくれます。

売電価格

太陽の光が太陽電池に当たる事で発電をする太陽光発電は、
太陽電池を設置出来る屋根がなければ導入する事は出来ません。

住宅の屋根は必ずしも南に向いているわけでは有りませんし、
傾斜角度も30度になっていない事も多いものです。

南に向いている事や傾斜角度が30度と言うのは、理想であり、
これを満たしていない場合は、太陽電池を多く設置してあげれば良いわけです。

太陽光発電


太陽光発電はいろいろな屋根に設置可能

住宅の屋根の種類は様々ですので、太陽の光が当たる部分に
太陽電池を設置すれば発電を可能にしてくれます。

近所の住宅の屋根を眺めていると、色々な形があるものです。
中には所狭しと太陽電池を設置して太陽光発電を行っている住宅も在ります。

注文住宅を作る時に、最初から太陽光発電を導入する計画があれば、
適した形にすることが出来ても、既存の住宅に設置する場合は、
設置が出来る場所に多くの太陽電池を設置する事で住宅の中で利用出来る発電量になるのです。

日本の住宅の屋根と言うのは複雑な形状をしている事からも、
設置する場所を選ぶ事が必要と言います。
本来5枚の太陽電池で良いものが6枚になる事もあるわけです。

南に向いている屋根がなくても、太陽電池を1枚余計に設置して
あげれば十分な発電量を維持する事も出来ます。

勿論お金はかかりますが、諦める必要はないという事です。

また、豪雪地帯は太陽光発電が難しいと思われがちですが、
太陽電池の表面に雪が在る時は雪が太陽の光を遮ってしまいますので発電は出来ませんが、
その雪が無くなる事で発電を可能にします。

また、太陽電池の表面は滑りやすい状態になっていますので、
凍結しなければ発電を可能にすると言われており、豪雪地帯でも太陽光発電は可能なのです。